Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017CCYCP振り返り

今回で3回目となるCCYCP、無事終了しました。
受講後のアンケート結果では、
「とても良かった」9割、「良かった」1割
で、「普通」「良くない」「悪い」はいらっしゃいませんでした。

午前の部、アドラー心理学を使ったコミュニケーション力UP講座
の皆様の感想をシェアします。


無題398043


【本日の講座で1番心に残った事はなんですか?】

●相手の気持ちを考え、感謝や労いを、エピソードを交えて、メッセージに乗せる事で、円滑なコミュニケーションが築けた。
●褒める、叱る、が上下関係になってしまい良い結果を生まないという話を初めて聞き驚きました。そしてそれをしなくてもアドラー心理学を使うと、家族みんなが尊敬しあえる人になる例(見本のセッション)が凄いなぁと思いました。
●ゲシュタルト療法のエンプティチェアを体験できた事が1番良かった


●共同体感覚の実践での末っ子体験が面白かった。
●自己中心的にならず、相手の気持ちになり、物事を考える事が大切ですね。
●親として兄弟の前で一人に対して注意したり褒めたりするのは、もう辞めようと思いました。


●あなたも共同体の中で役に立たっているんだ!という事をメッセージとして伝えていきたい。
●相手の気持ちになり、心から感謝が出来る様になる事の大切さがわかりました。
●共同体感覚からのWEメッセージの具体的な使い方が分かった。


●講師の臨機応変な対応が一番心に残りました。
●共同体感覚使ったコミュニケーションが人を傷つけない方法で、家族間でも共同体感覚で褒める(関わる)事が重要。
●他人を偏見なく、感情を受け止めると言うのが難しい、上目目線にならぬよう注意していきたい。


●「褒める」「叱る」「教える」からの脱却がしたい。
●この人と一緒にいると自信がつく!という人間になりたい。
●家族や職場での共同体の中で、アサーションやWEメッセージを特にマスターしたいと思いました。


●家族関係のセッションで、自分自身の欠点がよく分かりました。
●アドラー版アサーションを上手く使える様になりたいです。
●「褒めない」「叱らない」「教えない」という関わり方をもっと学びたいと思いました。


皆様、本当に沢山の感想をありがとうございました。
実は当日、皆様のワークへの反応が良かったので、大幅に座学の内容を辞めて、実際のワークに多くの時間を割きました。
なので
『実際にアドラー心理学は現実に効きそうだ!役立つぞ!』 という事が伝わったと思います。
そして、デモセッションを手伝ってくれた皆様には無茶振りをしましたが、それが良かったようで、
『引き継き練習して身に付けたい』 という感想も多かったです。




【今後の要望】

●もっとアサーションを練習する機会を作って欲しいです。
●エンプティチェアのワークしか出来なかったので残念です。
●盛りだくさんで時間が足りないと感じた、丸1日かけても良い内容だと思います。


●DESC法のケーススタディをもっと知りたい。
●誰かを指導する際に共同体感覚を使えるレベルまで練習したい。
●頭で分かっていても定着していません。繰り返しトレーニングする必要を感じます。機会を作って頂ければまた参加したい。


こちらの要望の方も、今後の活動に活かすようにしていきますね!
今回は単発講座にて、アドラー心理学を日常に取り入れるとどうなっていくのか?
これを見て頂きました。

皆様の要望をまとめると、
『盛りだくさん過ぎて全ての内容を練習し身に付かせるところまで出来なかった』
『1つ1つの技法をもっと知りたかった、また定着するレベルまでワークが出来ていない』
と言った事のようです。



本当に皆様の仰る通りでして、本来なら数か月~1年掛かりで学ぶものです!
是非、アドラー心理学の効果が分かったこの機会に、ご都合が付く方は、YCPで継続練習をして頂けたら嬉しいです。
地域サークルとしての格安価格(1時間当たり1000円以下)で、このレベルの会は見たことがありません。
第三日曜日、10時~金沢文庫にて定期練習を行っております!
お気軽にお問合せ下さい。


また各種団体、サークル、企業、お仲間、などまとまった人数なら私が伺います。
まず体験講座から始めてみませんか?
ご要望を深くお聴きした後に、ご依頼内容にピッタリの内容にいたします。


お問合せ
お問い合わせは(★を@に直してメールの件名を「YCPの問い合わせ」として下さい)
moon_etc★yahoo.co.jp

mixi  横浜カウンセリング心理学研究会コミュ管理人まで
Facebook  YCP研究会まで



YCP研究会とは?
http://ycp41874.blog.fc2.com/blog-category-3.html
スポンサーサイト

3月12日振り返り

昨年から始めて全6回、ナラティブセラピー最終回でした。
YCP独自開発の【ナラティブ俯瞰図】が大好評でした。
この図を活用する事で初学者の傾聴がナラティブセラピー風になります。
その甲斐あって、今朝のメンバーの朝の一言と、最後の振り返り、終了後の感想が凄かった!
 
今月に起きた出来事を朝一番に順にお話してもらうのですが
みなさん時間軸と自分の身になにが起きているか自覚している。
最後にはこれまでの人生から今を自覚し、未来への行動が変わりだす所まで進めた方もいらっしゃいました。
そして6か月間という期間中に、まったく新たな考え方を身に付け成長を遂げられた方もいらっしゃいました。
 
様々なジャンルで勉強する前は、自分に何が起きていたのかも分からない方が、講座が終わる頃には様々な自覚をされます。
多くの方が、いつの間にか問題を抱え、気が付いたときにはがんじがらめ!とか、八方塞がり!とか、経験ありませんか?
 
無意識を自覚すると人生が変わり出します。
自覚しているからコントロール可能なんですね!
無意識の有意識化!というやつですね!

みなさん素晴らしい成長です。
 
大変な状況の方が多い中、朝イチから拍手がある光景が嬉しくて、良い仲間で練習できる事に感謝です。

 

10月・11月の振り返り

10~11月と2回のナラティブセラピーでは過去と未来の物語について創造する練習をしました。
このワークの中で、様々な気づきが生まれました。

受講者の皆さんの感想で一番多かったのが

●想像できる物語は、相手(クライエント)の事のつもりだが、実は自分(カウンセラー側)の経験してきた人生から出てきた物語である
と言う感想です。

そんなんです、普段の会話もそうですが、相手に共感して聴いてるつもりでも、自分の人生観が頭に浮かびます(笑)
場合によっては、「そんな話、信じたくない!ありえない!認める訳にはいかない」などなどクライエントを受け入れない感情が湧いてくる事すらあります。
この態度は「無条件の肯定的配慮」とは言えませんね!
まっさらな偏見のない態度で共感的に聴きたいものです。
 
しかしカウンセラーも人間ですから、自分の気持ちを抑えすぎると気分が悪くなります。
カウンセラーが葛藤を起こしながら聴くはめになるのです。
カウンセリングをしながら頭痛になる方も多いのです。
 
その辺りの対処【自己一致】と【クライエントとの一致】についてはもの凄いコツがあります。
このブログでは書きませんがYCPの実践練習の場では、もちろん学習します。

次回は12月11日です!
お楽しみに!
新規入門希望の方もお気軽にメッセージ下さい!
まったく初めての入門者には、カウンセリングやコーチングの全体像が分かる補講を用意しています!
この内容がまた好評でして、色々な講座をかじっては辞めてしまった方、
何から勉強すればよいか分からない方など大きな指針となります。
入会案内 


インタラクティブフォーカシングと脱力武道セラピーのコラボ企画

●先週土曜はキャリアカウンセラーの集まる定例勉強会で
     『脱力武道セラピー』を体験して頂きました。


初体験の方にたくさん参加して頂き『第二回も是非!』と仰って頂きました。
お子様も一緒に参加して頂きまして大変盛り上がりました。
是非また呼んで頂けたらと思います!

『脱力武道セラピー』はどんな事をやるのかと言いますと 
『共感』 『肯定的配慮』 『一致』 を身体で表現します。
カウンセラーが普段行っているのが『傾聴』であるならば、それを『傾触』というイメージで練習します。

その練習で得た感覚を東洋医学と脱力系武道の理論でカウンセリングと共に併用する自律神経訓練法・筋弛緩法などに応用します
すると身体を使ったインタラクティブフォーカシングとも言えるお互いを癒す心理療法となります。

言葉や問診は必要ありません。触ればお互いに分かります!
慣れてくればカウンセリングと同じ心理的な効果、東洋医学の見立てを加えればお互いの体の悪い所が分り治療効果も期待できます。

ブログをご覧のカウンセリング関係の方!
気になる方は体験講座に出向きますので呼んで下さい!


●日曜はインタラクティブフォーカシング
     脱力武道セラピーのコラボ企画第三弾


私の治療院で初参加の方も含め、なかなか内容の濃い実習となりました。
『脱力武道セラピー』と『インタラクティブフォーカシング』は相性がバツグンなんですね。(その説明は省きますが・・・)

毎回セットで行っているのですが毎度毎度、凄い『気づき』があります。
我がYCP研究会のOさんがとても上手に導いてくれまして、自己の内面へと深~く入り潜在意識に降りていきます。
とても優しく丁寧に寄り添ってもらう事で、一人では行けない世界を垣間見ます。

と言うとカウンセリング仲間以外の方は妖しく感じると思いますが、自覚している夢みたいな催眠?トランス?状態みたいな感じになります。
ならない方もいますが私は仲間を完全に信頼し身体も精神も防衛機制をあらかじめ解いて臨むので毎回なります(笑)

催眠術と違い『自分が行先を決めている』ので安全です。
深く入るのも戻るのも自由です。
体験して頂ければ分かるのですが上手くハマッた時は凄いインスピレーションが湧いて来たり、深い潜在意識に眠っている自分の気持ちが分かったりします。

今回初参加のPさんも相当深く入っていました。
そしてインタラクティブな相互作用を感じ取れた様で、蓋をしていた自分の気持ちに気が付き、新たな気持ちも芽生えたようです。

あと面白いのが、これも毎回なのですが観察者のWさんがいつもトランスしちゃって気持ちよくなってるのも恒例w。
素直な方なので回りの意識に直ぐ同調できるのでしょう!

インタラクティブフォーカシングと脱力武道セラピーのコラボ企画はYCPの柱にしても良いくらいだと思います。
お時間ある方は是非一度参加してみて下さい!

YCP参加者の声

参加者の皆様の声

傾聴から始める心理学講座・第一回~二回の感想

●全くの素人でどんな内容か不安でしたが批判的な方がいない受容的な雰囲気でとても安心して参加できました。
●色々と良くない対応を子供にしてしまってるんだろうなぁと思ってはいましたが・・1回の参加でも色々な事が分かりました。
●何か心理学の勉強をするのかと思っていましたが凄く実践的な内容で直ぐに使えるものも多く驚きました。
●帰宅後、聴くと言う事を心がけただけで家族が泣いてしまい、その先の勉強が必要なのだと分かりました。
●今まで書店の様々な心理学本を読みましたが、そのどれとも違う教え方で身になる実習でした。
●自分の癖や、悪いところを素直に感じる事ができました。
●問題のある方に巻き込まれるかどうかは自分の言葉の返し方で変わるのですね!
●普段日本語をしゃべっているつもりでしたが、会話になっていなかったみたいです。「お互いに聞く」と「お互いに聴く」では全く違うのですね。

有資格者の感想

●カウンセラー養成校と違いカウンセリング技術だけでなく日常に直ぐ使えるものが多く分かりやすかった。
●大切な部分を重点的に練習できるオリジナルの資料が良く考えられていて分かりやすかった。
●学科と実習が細かく繋がっていてフィードバックが出来る様に考えられている為、スキルUPが早いだろうなぁと感じた。
●傾聴やカウンセリングという心の傾聴と、武道や東洋医学の治療に通じる身体の傾触の両方が学べるのはお得。両方やったほうが良いに決まってます!
●カウンセラーの基本態度をメンタル面からではなくボディーセンスで感じるトレーニングは衝撃でした!
●カウンセリング後の頭痛の原因が分かりました。治療家ならではの視点が勉強になりました。
●一致やインタラクティヴと言うのはカウンセラーとクライエントの関係の前に、自分自身の心と身体が一致やインタラクティヴしているかが重要なのですね。
●脱力武道セラピーの後のインタラクティヴフォーカシングがまさに、一致したCOと一致したCL、の上が更に一致するという感覚があり観察者も含めて瞑想状態となり気持ちが良かった。


YCP以前からの参加者の声

●まさか自分が変われば人が変わるなんて驚きです。家族仲が良くなりましたし何よりも気持ちが乱れなくなりました。
●姉妹で全然違う性格に対応するのに疲れなくなりました!自分も長女という役割で生きなければならない!と洗脳されていて、またそれを我が子に繰り返す所でした!
●親への腑に落ちない気持ち、なぜだか沸き起こる罪悪感、その正体が分かってから、ようやく自分の子供や夫との生活を楽しめる様になりました。
●アサーションスキルを習ってから、子供の教育の中でアサーションを子供に分かる言葉で教えている自分がいました。
傾聴とアサーションを習ったからこそ、指示的解決ではなく子供が自分で考えアサーティブに対処できるように話を進められたのだと思います。
●負けてもいいんだ!失敗してもいいんだ!と言う事が分かってから成功か失敗か!ではなく、いかにその経験をフィードバックできるかを考えている自分がいます。何だ~失敗しても成功してもどちらでもいいんだ!どちらに転んでも楽ですね!
●自分の子供達がを見ていて、凄いな!身になってるな!と思う所は、どれも親が教えなかったものです。自分で身に付けたもので子供達は自律していきます。私がアタフタして指示的にやらせていたものは親としては「やってやった」と思ってはいますが、子供にとっては効率の悪いやり方だったようで、反抗心こそ残ってはいますが、能力としては何も身に付いていないのが分かりました。


Appendix

最新記事

プロフィール

YCP管理人

Author:YCP管理人
YCPは下記の関連団体のメンバーで構成されています。
【横浜カウンセリング心理学研究会】(プロ向け)
【傾聴から始める心理学講座】(入門者向け)
【KFC傾聴フレンドカフェ】
【脱力武道セラピー】
【ビーノスファシリテーター講座】(不定期)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。